ライスパワーNo.11と発酵コスメとの違い

発酵コスメとライスパワーコスメの違いは?

スキンケア化粧品の中には「発酵コスメ」と呼ばれるものがあり、最近注目を集めています。発酵コスメとライスパワーエキスはどう違うのでしょうか?

発酵コスメとは?

 

発酵コスメとは、米(麹)、麦、大豆、乳酸菌、果物、紅花(べにばな)、シャンパン・ワインなどの原料を発酵させて抽出したエキスを化粧品化したものです。原料によって変わりますが、一般的に保湿効果、美白効果、ターンオーバー促進作用などの効果が期待できます。

 

発酵とは、酵母という微生物の働きによって有機物を分解させて新たな成分を生み出していく過程のことです。発酵する時の温度・時間などの条件や、酵母菌の種類などによって、様々なものができます。
発酵させることによって、タンパク質やビタミン・アミノ酸など肌によい成分を増やし、これらの成分はさらに低分子化するので、お肌への浸透力も高まるんだとか。

 

お味噌や納豆、日本酒、ビール、ヨーグルトなどもすべて発酵させたものです。発酵コスメは、昔米ぬかで洗顔していたり、日本酒を化粧水がわりに使っていたなど、発酵製品は美容にもよいという考えから昔からもスキンケアとしても利用されていました。現在では、プラセンタやヒアルロン酸などもともと発酵成分ではない成分を発酵分解する技術も進んでいます。

 

◆それぞれの原料が発酵によって様々なエキスに変わります。

 

【例】
・米⇒米発酵エキス
・麹⇒コウジ酸(1988年に美白有効成分として厚生労働省で認可)
・大豆⇒ダイズ発酵エキス
・乳酸菌⇒ヨーグルトエキス
・果物⇒セイヨウナシ果汁発酵エキス
・紅花⇒紅花発酵液
・ワイン⇒シャルドネ発酵エキス

 

発酵コスメとライスパワーコスメとの違いは?

 

ライスパワーエキスも、米を発酵させて作られているので、
米発酵エキスとライスパワーエキスは同じもののように考えられてしまいがちです。
ですが、ライスパワーエキスは米発酵エキスとは全く別の作り方をしています。

 

香川県にある老舗酒造メーカー勇心酒造が永く日本酒造りで培ってきた、醸造発酵という伝統技術と、最先端の科学を融合させることによって、勇心酒造独自の新技術「日本型バイオ」を開発。「日本型バイオ」は、西洋型バイオのように遺伝子組み換えで自然界にないものを作り出すのではなく、複数の微生物の働きをそのまま組み合わるせ本来持っている力を引き出して活用することが特徴です。

 

 

 

page top